iPhoneのイラスト

大事なスマホが潰れたら池袋の優良iPhone修理ショップ

● SITE MAP ●

水没したiPhoneを修理に出す前に

白いiPhone

iPhoneが水に浸かると基盤に水分が付いた状態となるので、電源を入れたり切ったりすることで電気が流れてショートの原因となります。
そのため、水没したiPhoneの電源を無闇に触れると、ショートする確率を高めることになるので、いきなりデータが損失することもあります。
なので、iPhoneが水没したら電源をオフにして、電気を流さない状態にすることが重要となります。この時、電源ボタンが反応するなら、電源を入れた後は真っ先にデータのバックアップを取るのがお勧めとなります。
なぜなら、水没したiPhoneを修理に依頼しても、修理で復旧できない場合は端末自体の交換になるからです。
よって、端末自体の交換になったとしてもデータのバックアップを取っておけば、データを移して使うことが可能になります。
ちなみに、iPhoneの電源を落とす際は、電源ボタンかスリープボタンの長押しで電源を落とせます。
また、電源が切れない時は、ホームボタンも同時に長押しすることにより、強制終了させて電流が流れない状態にできます。
他にも、iPhoneには携帯番号やメールアドレスといった個人情報が登録されているSIMカードがあります。SIMカードは、iPhoneに装着されているので、iPhoneが水没したら電源をオフにした後は、SIMカードを抜き取ります。SIMカードを抜き取ったら、SIMカードに付いている水分を拭き取るのが重要です。

● PICK UP ●

TOP