iPhoneのイラスト

大事なスマホが潰れたら池袋の優良iPhone修理ショップ

● SITE MAP ●

水没したiPhoneの修理による復旧率

箱の上のiPhone

iPhoneが水没したら、電源を落として電流が流れていない状態にした後は、iPhone本体に付いている水分を拭き取ります。
また、iPhoneにはイヤホンジャックといった細い部分もあるので、細い部分を拭き取るなら先が細い綿棒を使ってしっかり拭き取ります。その際、ティッシュを使用するなら、穴のなかで破れる可能性があるので、ティッシュを使うのはあまりお勧めされていません。
そして、iPhone本体を拭き取る時は、ケースとカバーを外して細かい部分も拭き取れるようにするのがポイントです。iPhoneを拭き取ることにより、水没したiPhoneを修理に出すことで復旧する確率を高めることに繋がります。
ちなみに、iPhoneが水に浸かっても普通に使えることはありますが、そのまま使い続けると修理による復旧率が限りなく0%に近づくことになります。iPhoneに付いた水分を拭き取ったら、iPhoneを乾かすことになります。この時、水気がない場所で乾かさないとiPhoneがまた濡れることになります。
さらに、早く乾かすためにドライヤーで乾かそうとすると、iPhoneの内部の部品が熱の影響によって使い物にならなくなります。水に浸かったiPhoneは、修理を依頼すれば大抵は端末自体の交換になりますが、応急処置で復旧率を高めれば、修理で復旧する可能性を高めることができます。

● PICK UP ●

TOP